皆木さん教え④

皆木さんから習ったことを体系的にまとめるべく、備忘録的につらつらかきます。ある程度たまったらまとめます

(4)ドゥミマルシェロンペ(重心移動)
 ①マルシェロンペの基本動作ができるように
  なったうえで、半歩移動を混ぜた
  動きのバリエーションを増やす
 ②具体的には、重心を前に移して、後ろ足から
  マルシェ、反対に重心を後ろに移して
  前足からロンペを行う練習をする
 ③ボンナバンボンナリエールに近い動き
  になるが、要は足運びに遊びをもたせ
  マルシェロンペを使い分けて相手との
  間合いを自由自在に調整する
 ④半歩後ろ足を下げた状態からマルシェ
  また、半歩前足を出した状態から
  ロンペを行うなど、1.5歩の距離を
  練習する
 ⑤次に、半歩後ろ足を下げた状態から
  ファーントに入る、また前足を半歩
  出した状態からファーントに入るなど
  ファーントを織り交ぜる
 ⑥さらに、前述の半歩下げてマルシェ
  にファーントをつけるなど、
  コンビネーションの幅を広げて
  いく
 ⑦通常のマルシェロンペだけでは
  試合中の臨機応変な動きの練習には
  ならないので、半歩の動きを混ぜた
  足裁きを練習する

マルシェロンペがまだかたまっていない
小学生には教えると型が崩れる
可能性がある
  


スポンサーサイト

2月練習予定

2月練習予定です

3日(土)
10日(土)
18日(日)

夜七時からですが、早めにきて
体操などしたいかたは30分前にはお越し
ください。
平和カップは4月1日です

皆木さん教え③

皆木さんから習ったことを体系的にまとめるべく、備忘録的につらつらかきます。ある程度たまったらまとめます

(3)前進と突きの練習(マルシェアロンジェ)
 ①通常のマルシェアロンジェの練習ができる
  ようになれば、次はマルシェの動作が
  終わる前に、アロンジェの距離になった
  瞬間に手を伸ばす練習をしてみる
  通常よりアロンジェのタイミングより
  動作開始が遅くなる分、素早く手を
  伸ばさなくてはいけなくなる
 ②マルシェについては、短い距離の
  マルシェと長い距離のマルシェを使い
  わける。アロンジェのタイミングも、
  長い距離短い距離どちらにおいとも
  トゥッシュできる間合いまで我慢して
  トゥッシュする
 ③さらにマルシェは短い長いを
  コンビネーションして相手の間合いに
  合わした動きができるように動きの
  練習を複合して行う

 単純な突きと前後の動きではあるが
真剣にこれだけ一時間練習をしてもいい

1月練習予定

1月
8日(月祝)
13日(土)
20日(土)
27日(土)

皆木さん教え②

皆木さんから習ったことを体系的にまとめるべく、備忘録的につらつらかきます。ある程度たまったらまとめます

(2)間合いについて(アロンジェブラ)
 ①通常の突き(アロンジェ)ができるように
  なれば、間合いを計りながら突く練習を
  行う。イメージはカメレオンが舌で虫を
  捉えるイメージ。突きの間合いに入った
  瞬間にとらえる。カメレオン突とする
 ②通常の突きはポイントから引っ張られる
  ように行うが、それだと、相手にバラード
  される確率があがる。カメレオン突きで
  あれば、バラードされにくい突きになる
 ③練習方法は、通常の突きの練習に加え
  間合いに入った時点でカメレオン突き
  を行う。加えて、突きからの脱力による
  接近戦の突き、接近戦からの通常間合いに
  戻るまでにもう一つ突きを入れる
 ④ただし、足との調和がなければ、この
  突きだとプリミエールノンをくらう
  可能性が高い。また、コントラアタック
  に注意しなければ、手の動作の遅れに
  よりトゥッシュが入らない事態も予測
  される
 ⑤練習ではさらに、マルシェとくみあわせ
  ディガゼも織り交ぜながら、カメレオン
  突きのタイミングをつかむ

次回、特異なマルシェロンペ